これからワンコを迎える方も、既に家族の一員の方も是非読んで頂きたい!犬のプロから学ぼう!わん!わん!コラム

といち坊のお気に入り安眠スポットの「カドラー」

わんこと寝顔

ドッグトレーナーのコラム

寝苦しい夏がやって参りました。暑さに弱いわんこにとってどう乗り越えるかは毎年の課題ではないでしょうか。
わんこと「暑さ」や「寝る」ことについての話題は色々とあり、今までのコラムでもいくつか触れてまいりました。「命に関わること」「快適性を求めたこと」「わんこ本来の習性に基づくこと」などです。ぜひお時間許す限りご覧頂き参考になれば幸いです。

うなづく犬

参照
「わんこと寝る」一緒に寝ることについてイエス?ノー?(2014.10.8)
「わんことクーラー」エアコンのこわ~い話や注意点について(2015.8.18)
「わんこと避暑」おうちの中での暑さ対策について(2015.6.14)

さて、そんな寝苦しい季節。わんこと一緒に寝ていても距離があったり、少し経ったら別の場所へ移動して行ってしまったり。夏のあるあるではと思います。
あなた&愛犬は暑くとも「一緒に寝たい派」ですか?それとも「ひとりで寝たい派」でしょうか?エアコンが効きによっても違うかもしれませんが^^

私の相棒・といちはどうだったかというと、独立心が強めの和犬で『ひとりで寝たい派』でした。布団に誘うと渋々来てくれ寒い日などは朝まで一緒に寝てくれましたが、基本的に私が寝始めるとコッソリと布団から出て、自分のベッドやハウスに戻っていくわんこでした。もしかしたら私の寝相が悪くて蹴っ飛ばしてしまったのかもしれません(汗)
仮眠的な昼寝ではなく、しっかりと充電睡眠したい時はひとりになれる安全な場所で寝たがるわんこも多いものです。

といち坊のお気に入り安眠スポットの「カドラー」

このカドラー(下図で説明)、石鹸箱のような形ですが犬の習性に沿っていて好むわんこも多いと思います。好みやすいのはなぜかというと、

母犬が仔犬達におっぱいをあげています /寄り添い

この母犬の腹部に抱かれる感じ、兄弟犬達の間に埋もれている感じ、誰かに寄り添い合ったり重なりあったりの安心感にカドラーは似ているようです。

せりあがりのある(抱きかかえられてるような)形のベッドを「カドラー」といいます。

カドラーに似ているでしょ?

似たようなところで、枕やソファの肘掛けにもたれ掛るのを好むわんこは多いように思います。

枕やソファの肘掛けにもたれ掛るのを好むわんこ

ベッドも埋まるような、包まれるような安心感があるのも人気です。

ベッドも埋まるような、包まれるような安心感

そして重なり合えるくらいの広さがあると仲間同士で休息できます。

寄り掛かった時にフニャフニャした綿の入った軽いベッドなどは安定感に欠けるようです。

身を預けてもどっしりとして重みのあるしっかりしたベッドの安心感

身を預けてもどっしりとして重みのあるしっかりしたベッドは安心感が高いようです。

このように包まれるような、埋もれるような、安心して寄り掛かれるようなところが好みのわんこは多いとは思います。ですが、それぞれ個性があり好みが違いますので必ず挙げたような寝床じゃないとダメ、ということはありません。

例えば、
枕に頭を乗せるのではなく、布団から頭を落とした寝方が好きなわんこもいます。
まっ平なところを好むわんこもいます。
暑いんだから硬くてもただの床でOK!というわんこもいます。
一段でも一枚でもとにかく何かの上が良い!というわんこもいます。
もちろん季節によっても変化があるでしょう。

色々とうんちくを垂れましたが、愛犬にとっての好みを推し測り安心して心身共に休まるような寝床を提供し、健やかな寝顔が毎日見られる。これぞわんこと暮らす至福の時なのではと思うのです。

心身共に休まるような寝床


わんわんコラムの著者紹介

WELLBE DOG SCHOOL ウェルビードッグスクール 刈屋美和プロフィール
WELLBE DOG SCHOOL ウェルビードッグスクール 刈屋の生い立ちから現在・・・1979年12月:誕生。先代犬メリー(柴犬)に色々と教えられる 1996年11月:認知症等の介護の末、18歳でメリー大往生 1998年4月:動物の専門学校へ入学…目標を見失い約1年程授業に身が入らず 1999年夏:犬の問題行動に興味を持ち勉強再始動。師となる英国式家庭犬トレーニングの森山先生と出会う 1999年11月:里親として愛犬といちを家族に迎える 2001年3月:専門学校卒業。森山先生を師事し共に活動。その後、辻も加わる 2003年3月:森山先生、辻と共に英国APDT協会のトレーナー資格取得 2007年1月:辻と独立、ウェルビードッグスクールを立ち上げる

川崎市麻生区の不動産、株式会社BBTエブリワンズホームへの各種お問い合わせはこちらから

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る