BBTエブリワンズ不動産ブログ

DIY:大型犬との暮らし クッションフロアの張り替え

エブリワンズ不動産BLOG

LDKのプチリフォーム

クッションフロアの張り替えその1徳山2号です。築10年ちょっとの我が家のクッションフロアが流石にボロボロになったので、GW直前に新しいものに貼り替えました。(写真右:目地が浮いてきてボロボロになったクッションフロア)

犬の室内飼いも多くなった時代。生活のほとんどを過ごす空間の床対策はとても大事だと思います。【滑りにくい床】にすることで、愛犬の足腰への負担を和らげ、将来腰や股関節などの病気を防ぐこともできるからです。

飼い主の方の中には絶対にフローリングがいい~!という方もいらっしゃるでしょう。実はちゃんとあるんですよ。フローリングの上に塗って滑りにくい床・傷がづきにくい床にするためにワックスが。是非そういうアイテムを活用してみてくださいね。(定期的な塗り替えが必要にはなりますが)

20140526-4我が家の床対策は、フローリングの上にタイルカーペットを裏返しでひき(防音・クッション性を高めるため)、最後にクッションフロアを貼りつけています。(写真:エンジ色がタイルカーペット表、黒色が裏)

前回は業者さんに頼んでやってもらったのですが、今回はコスト削減のため(笑)自分たちでチャレンジです!!!

ちなみに、LDKのクッションフロアの張り替えの際、1つ失敗したな~と後から思ったことは、タイルカーペットをガムテープで貼り合わせたこと(´∀`;A 糊が乾いた後に、ガムテープの所だけちょっと浮いてしまって、”いかにもガムテで貼ってます!!”って主張する感じ・・とほほ。
でも、黄ばんでボロボロだった床が、キラッと清潔になっただけでヨシなのです(笑)

川崎市麻生区の不動産、株式会社BBTエブリワンズホームへの各種お問い合わせはこちらから

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る