BBTエブリワンズ不動産ブログ

床暖房パネル

床暖房を使用してのガス請求金額【2017年12月~2018年3月】

エブリワンズ不動産BLOG

WEB事業部の櫻井です。

ガス代寒く長い冬が終わり、ポカポカ陽気が気持ちいい今日この頃。
2017年9月に新居に引っ越してきて初めて過ごしたこの冬は、ガス代と電気代が気になる日々でした。

2017年11月分の床暖房を使用してのガス代はコチラの記事にもあるように、7,177円。
その後はというと、

請求月 請求金額 使用期間
2017年12月分 9,383円 (11/9~12/8)
2018年1月分 13,281円 (12/9~1/11)
2018年2月分 11,091円 (1/12~2/7)
2018年3月分 10,277円 (2/8~3/7)
2018年4月分 7,772円 (3/8~4/6)

という結果に。

基本的に毎日5時半~0時過ぎまで床暖房を使用していたのですが、1月中旬から床暖房のみでは寒さに耐えられないと感じ、エアコンを毎朝2~3時間、また極寒の日は終日併用していました。
エアコン併用の場合、床暖房の強さ9段階のうち【2】~【3】の強さで十分でしたし、食事時以外はダイニング部分をOFFにしてリビング部分のみ床暖房使用という使い方もしていたので、ガス代の節約になっていたと思います。
(3月に入ってからは暖かい日が多かったので、床暖房を使用した日数は少ないです。)

電気代と合わせた光熱費はいくら?

電気代とガス代アパート時代の真冬の光熱費は、約2万円/月だった我が家(電気代が約12,000円、ガス代が約8,000円)。

一戸建てに暮らすと光熱費が上がると友達から聞いていたのですが、この冬に関してはアパート時代と変わらず、電気代とガス代と合わせても最大で2万円/月の請求でした。

はー・・・・よかったー!!!
これで来年以降の冬は、光熱費をあまり気にせずに過ごせそうです。

川崎市麻生区の不動産、株式会社BBTエブリワンズホームへの各種お問い合わせはこちらから

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る