これからワンコを迎える方も、既に家族の一員の方も是非読んで頂きたい!犬のプロから学ぼう!わん!わん!コラム

雨の中散歩するわんこ

わんこと雨

ドッグトレーナーのコラム

ひと雨ごとに暑さ和らぐ、はずですが残暑厳しい夏。そしてこの夏は雨がもたらす脅威をまざまざとみせつけられた夏でもありました。

雨の中散歩するわんこ

「雨」と言えば。私の中でわんこと関連して思い出されるものに、歌手・中島みゆきさんの歌う「空と君のあいだに」があります。
テレビドラマ「家なき子」の主題歌で有名な曲。そして歌詞は劇中に登場する主人公の愛犬・リュウの目線で歌われているということもよく知られています。
もうその設定を聞いただけでも泣けてくるのは年のせいでしょうか…。

飼い主を見つめるわんこ

サビの

「空と君とのあいだには、今日も冷たい雨が降る」

では、「君」というのは飼い主さんのことで、わんこが見上げるとそこには飼い主とその先に空、そしてその間には雨が降っている光景。雨で目をしばたかせながら飼い主を見上げているわんこの姿が目に浮かびます。
この冷たい雨とは本当の雨とともに、ドラマ設定の「冷たい世間」を比喩しているようですが、それに対して

「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」

と何があっても飼い主の味方である心情が読み取れてわんこの健気さを想うと泣きそうになります。

「本当にわんこの考えていることが分かったらいいのに」と思う反面、「実は腹黒いことを言っていたらどうしよう」とか「ごはんのことしか考えてな~い」とか。それはそれでわんこらしく正直で笑えますね。

雨の散歩が楽しいといち私の相棒だった「といち」にとって雨は大好きなもので、雨のお散歩はルンルン足が弾んでいました。なぜ好きかと言うと単純に「たのしい」から。何より相棒である私自身が雨が嫌いじゃないのも大きな要素だと思います。
特に夏の雨は涼をもたらし気持ちが良い。雨の公園は人気がなくのんびりブラブラできるし、全身びしょ濡れで犬と戯れていても変な目で見られることもない(見られてもあまり関係ありませんが!)
飼い主が水たまりでバシャバシャとはしゃいでいると、といちもテンションがあがります。

といちはシャイな気質で特にうんちをする際のタイミングはとても繊細でした。誰かが近くにいたり、遠くで物音がすると途中であってもやめてしまうのです。確かに排泄行動は無防備な瞬間でもあるので理解できますが、肛門から既に少し出ているのに引っ込めて涼しい顔で歩き始めたのは驚きました(それから3日しませんでした)。
その点、雨で誰もいない公園では気兼ねなくブリブリできるのも雨が好きな要因のひとつだったのではと思います。

大好きな雨の中探索する犬といち

雨とわんこ。
絶対、雨のお外になんか出たくない!ってわんこもいると思います。
水たまりを見つけて「いい温泉発見した~」って感じで浸かるわんこもいると思います(そしてその横で「やめて~!」と叫ぶ飼い主さんの光景も目に浮かびます^^)

どちらもわんこらしいと思います。

もし突然の雨に打たれ不本意にもズブ濡れになってしまったり、雨が好きでズブ濡れで楽しく帰ってきたら、しっかり乾かしてあげましょうね。特に足の指の間を入念に。ゴシゴシ拭くよりも吸収力の優れたタオルで包んで吸う。可能な限りドライヤーも併用できるとベストです。わんこは湿気に弱いので生乾きだと皮膚トラブルを起こしやすいです。
その子ができる無理のないそれぞれに合ったお手入れをして雨を楽しみましょう♪

水たまりで楽しそうに歩く犬たち


わんわんコラムの著者紹介

WELLBE DOG SCHOOL ウェルビードッグスクール 刈屋美和プロフィール
WELLBE DOG SCHOOL ウェルビードッグスクール 刈屋の生い立ちから現在・・・1979年12月:誕生。先代犬メリー(柴犬)に色々と教えられる 1996年11月:認知症等の介護の末、18歳でメリー大往生 1998年4月:動物の専門学校へ入学…目標を見失い約1年程授業に身が入らず 1999年夏:犬の問題行動に興味を持ち勉強再始動。師となる英国式家庭犬トレーニングの森山先生と出会う 1999年11月:里親として愛犬といちを家族に迎える 2001年3月:専門学校卒業。森山先生を師事し共に活動。その後、辻も加わる 2003年3月:森山先生、辻と共に英国APDT協会のトレーナー資格取得 2007年1月:辻と独立、ウェルビードッグスクールを立ち上げる

川崎市麻生区の不動産、株式会社BBTエブリワンズホームへの各種お問い合わせはこちらから

コメントは受け付けていません。